ヘルシーバランス│知らないと危険な悪玉コレステロールの影響

美容

コレステロールを知る

バランスの良い食事を心がけよう!悪玉コレステロールを下げるさまざま方法はこちらで紹介しています。これを機に食事改善しませんか?

コレステロールはどうやってとる?

体重計に乗る

コレステロールは食べ物から摂ったり、肝臓で合成されたりして体内に存在してします。1日に必要だと言われている量は1,000〜1,500mgです。
多くの人が誤解されているかもしれませんが、実はコレステロールは食べ物からしか摂れないのではなく、大半は体内で作られるのです(1日に必要とされる約80%ものコレステロールが)。

コレステロールが多いとされる食べ物

コレステロールが多い食べ物はたくさんあります。例をあげると、たまご、鶏肉・豚肉・牛肉のレバー、いくら、すじこ、たらこ、めんたいこ、うに、たこ、いか、ししゃも、うなぎ、あなご、わかさぎ、バター、シュークリーム、クリームパン、ホットケーキなどです。他にもたくさんあります。主にたまご系、レバー系や、その他、内臓ごと食するような魚介類系が多いですね。

コレステロールを下げる食べ物

逆にコレステロールを下げてくれるのが、オメガ3脂肪酸を含む食品です。オメガ3脂肪酸はイワシやアジなどの青魚や、油系(えごま油、シソ油、亜麻仁油)、緑黄色野菜、豆類、くるみなどの食品に多く含まれています。

悪玉コレステロール対策

悪玉コレステロール対策としては、
・コレステロールが高い食品をあまり摂らない
・コレステロールを下げてくれる食品を多く摂る
・コレステロールを下げてくれるサプリや薬を服用する
・運動して健康体を維持する(肝臓の働きをよくしたり、中性脂肪を減らすなど)
など、です。

適度な運動をしよう!

下腹

食べ物で悪玉コレステロールをコントロールできるのは20%だけ。残りの80%は体内で作られるからです。そこで大事になってくるのは適度な運動であり、中でもオススメなのがウォーキングです。

Read More

知らないと危険!

ウエストを測る

悪玉コレステロールは体内に多く蓄積されると危険。大病に繋がってしまう可能性は高いです。具体的な悪玉コレステロールのコントロール例を挙げていますので、すぐに取り組めるものは実践して、少しづづ、そして長期的な改善を行っていきましょう。

Read More

善玉コレステロール

過食

適度な運動は『善玉コレステロール』を増やす効果があり、『悪玉コレステロール』を減らす効果があります。厚生労働省の『国民健康・栄養調査』データで1日沢山歩く人と、そうでない人との比較でその違いは歴然として表れています。「できるだけ多く歩く」意識しましょう!

Read More