ヘルシーバランス│知らないと危険な悪玉コレステロールの影響

ダイエット

善玉コレステロール

善玉コレステロールを増やす方法

過食

先にコレステロールには『悪玉コレステロール』と『善玉コレステロール』があるという話をしましたが、では『善玉コレステロール』はどうすれば増えるのでしょうか?1番大きな効果は“適度な運動”です。特に有酸素運動などはHDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やすにもってこいなのです。具体的にどのような運動方法が良いか?ウォーキングで例えると(※もちろんその人の年齢や体調などにもよりますが)週に4日以上、1日30分程度が良いと考えられています。毎日仕事で運動の時間がとれない人でも、エレベーターより階段を使うとか、一工夫すれば大きく改善できるはずです。

厚生労働省の『国民健康・栄養調査』データによれば、1日1万歩以上歩く人は、2000歩未満の人と比べてみると、平均でHDLコレステロール(善玉コレステロール)が10%以上も多いらしいのです。顕著に表れている数字ですね。「できるだけ多く歩く」というのを意識してみましょう!

このように“適度な運動”をするというのはHDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やす効果もあり、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を減らす効果もあるのです。“適度な運動”はコレステロールのコントロールに役立つのはもちろんですが、健康な体を維持する為にも最重要項目の1つです。